おせちは買うのと作るのでどちらが安いか

  • おせちは買うのと作るのでどちらが安いか

    • 年始に食べる伝統的料理におせちがあります。
      鯛やエビに数の子やかまぼこなどの縁起に良いとされる食材を食べることで、その年が平穏な年であるようにと祈願するものですが、これらは場合によっては作ったほうが良いケースとそうでないケースがあります。

      まずおせち料理を作ったほうが安上がりというケースは家族の人数が多い場合です。

      今までに培ったノウハウを活かし、おせちについて詳しく説明しています。

      販売されているおせちの多くが一人用から四人用くらいまでの量なので、それ以上の家族の人数がいる場合には追加注文する必要があります。


      そうなると購入するよりは自分で食材を集めて一から作るほうが安くなります。
      次に作るより頼んだほうが良いケースは家族が少ない場合です。

      家族の人数が少ないとその分用意する食材も少量になるので、色々買い揃えていくと値段が高くなることがあります。
      このため一人暮らし世帯の方や家族が四人以下の場合にはなるべく注文して確保するのが便利です。
      既成品の注文は早ければ9月から申し込むことができ、ほとんどの業者が10月から11月までには予約を完了しています。



      有名の料亭やデパートで作られている商品の場合には予約を早めにしなければすぐに完売ということも多いので、発売開始と同時に予約を入れることが大事です。


      既成品を購入する際には店舗にて直接受け取るケースと、発注したものを自宅まで送ってもらうケースがあるので、購入する場所の距離によってそれらを選びましょう。



      おせちは通販でも自分でも調達が可能です。

  • 人に言いたいおせち

    • おせち料理の重箱にはそれぞれ意味があり、一般的にめでたさや幸福などが積み重なるようにという願いがあります。エリアや家庭によって違いがありますが、正式な重箱の数は五段で、1〜4段には料理を詰めて、5段には神様から頂く幸福をつめる場所としてわざと空しておく慣わしがあるそうです。...

  • おせちをよく学ぶ

    • 新年は、それにふさわしい料理で迎えたいものです。温かいお雑煮も欠かせませんが、やはり日本人ならおせちを外すわけにはいきません。...

  • おせちの専門知識

    • おせちとは、言わずと知れたお正月のお祝い料理です。近年では、家庭で作ることも少なくなりましたが、誰しも1度は食べたことがあるのではないでしょうか。...

  • おせち関係の情報

    • お正月にかかせないのがおせち料理、その由来は平安時代。季節の節目の5節句に宮中で催された宴、節会で神様に供えられた食べ物が御節供(おせちく)と呼ばれていました。...

top